ライブチャットくらいが気楽でいいな

ライブチャットくらいが気楽でいいな

ぼくは最近、女遊びのために外に出るのが面倒になってきたんですね。
でもまだまだ枯れるつもりはありませんから、家にいたままできるライブチャットで遊んでいるんですね。
家にいたままできるから楽でいいんですよ。
いつでも好きなときに、ちょっとだけという遊び方ができるのが気に入りました。
一度ライブチャットを覗いてから、休日になるとちょくちょくチャットを覗くようになったんですよ。

ライブチャットで一番乗りは難しいね

いまぼくが覗いているのはジュエルライブというところです。
ほかのライブチャットでもいいんでしょうけど、ジュエルライブにはかわいい女の子が多い気がするから、そこに決めました。
ぼくの好みに合う子が多いみたいなんですよ。

先日は、ある女の子の部屋に一番のりのつもりで入室したのに、入室したらすでにたくさんのギャラリーが入室していました。
そういうこともありますよ。

選んだ女の子は大きい耳がチャーミングでした。
耳たぶを噛みたくなるような形をしていたんですね。
経験上、耳たぶの形がいい女の子は下の形もいいような気がするんです。
だから、ぼくは女の子の耳たぶを見るだけで興奮できるんですよ。
彼女の下の形を確かめられないのは残念でしたね(笑い)

ライブチャットを見るだけに徹した

ぼくはそのときの気分でチャットしたりしなかったりしますね。
このときは一番乗りを逃しちゃったのもあって、チャットをしたい気分ではありませんでした。
チャットのほうでは、ほかの連中が涎を垂らして「あれしろ」「これしろ」と女の子に注文しているのを、「バカだなぁ~」と思いつつ、ボケっと眺めていました。
当然、ほとんどは画面の中の女の子の姿を見ていましたよ。
ノリのいい女の子で、男への返しが面白かったですね。
それを見ているだけでも暇つぶしにはなりましたよ。

女の子が自分で自分を慰めていた

だんだんと女の子の気分が盛り上がってきたのか、画面には映っていなかったけど、女の子が自分でエッチなことを始めました。
自分のことは自分がよく知っているから、ツボをピンポイントで刺激して気持ちよさそうでしたよ。
眉間にしわをよせている表情がとてもいやらしかったです。
その顔が画面にアップになったりして、臨場感がありましたよ。
思わず画面に手が伸びてしまいましたよ。
触れないのは分かっているんですけどね。
男の悲しい性ですな(笑い)
ぼくは充分楽しんだので途中で部屋を抜けました。
ほかの連中はまだまだこれからという感じでしたね。

ライブチャット実体験談カテゴリの最新記事